南米ペルーに行ってきました!

マチュピチュをこの目で見てきたアルパカ製品ネットショップ店長が、ペルーとマチュピチュの観光情報、ペルー料理などをお届け!
旅行に便利な旅行グッズ・お勧めカメラなど役立つ旅行情報も書いてます。どうぞご覧ください♪

タグ:ペルーリマ情報

セントロ カテドラル 090705

この写真は、2009年7月のリマ。
セントロ地区(旧市街地)のアルマス広場からみたカテドラル(大聖堂)です。

立派な建物ですね。

南米はたいていの都市の中心にアルマス広場があって、
正面には、カテドラルが必ずあるのです。

この建物は、ペルーで最も古く、それこそ南米きっての征服者である
フランシスコ・ピサロが自らの手で礎石を置いたそうですよ。

それが、1535年1月18日、リマ建都になったわけですね。

ピサロは黄金が欲しくてペルーに上陸し、インカ帝国を滅亡させたのですから、
そう思うと、このアルマス広場の周りの建物を見るにつけ
過去の歴史の中の征服や侵略とはいえ、私はちょっと切なくなりました。

あらら・・・暗い話でゴメンナサイ。


話題を変えます。

この写真を撮影した2009年7月は、
私が初めてペルーに行った年でした。

初めての買い付けのペルー出張でした。

正直、ハワイから先には来たことがなかったので、
ほんとうに何を見ても、初めてで、
少々(かなり?笑)舞い上がっていたと思います。


あんまり浮かれていると、危ないよ!!って、
一緒に行った仕事仲間に注意されたな~なんて思い出しました。


南半球のペルーは日本とは季節が反対になりますから
7月のペルーは寒かったです。

季節は、秋から冬になりつつある・・・という感じですかね。

この時期のリマは、毎日ほとんど曇り空です。
でも雨は降らないんですよ。

私は何度もリマに行ってますが、傘をさしたこともないし、
そもそもリマに傘は売ってない気がします。
見たことないし・・・。

毎日毎日どんよりとした曇り空なので、たま~に太陽が顔を出すと
それはもうとても嬉しかったですよ


さてさて、ピンボケですが、
夜のアルマス広場のカテドラルの写真です。

カテドラル 夜

とても綺麗でした~~

夜は危ないので本当は外出はしないのですが、
このときはペルー人の知り合いも含め、大人数での外出でしたから
あんまり怖くなかったです。

この写真を撮り終えて歩き出すと、
歩道にニューハーフのお姉さん(お兄さんといったら怒られますね・・・)

ペルーにもいるんだ~と、思った瞬間でした。


リマの旧市街地は、まだまだ見どころいっぱいです。



いつも応援いただき感謝です
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ




 
スポンサードリンク

南米大陸の太平洋岸の中心となるのが、ペルーの首都、リマです。

人口約970万人。
2010年の「地球の歩き方」では、790万人と記載されてましたから、人口増加してますね。

リマにあるホルヘ・チャベス国際空港には、毎日アメリカ、カナダ、ヨーロッパからの飛行機が何十便も到着していますので、欧米人の旅行者も多いです。

img_0908


リマは、チャラという海岸砂漠地帯にあります。
砂漠地帯なので、年間を通してほとんど雨が降りません。

リマに居るなら、傘要らずですね。

5月6月には、「インカの涙」と呼ばれる霧雨がちょっと降りますが、これも朝のうちだけのことです。

インカの涙・・・なんてチャーミングなネーミングですね(*^^*)


リマの冬にあたる7月~8月は、ガルーアという霧がリマの上空を覆ってしまうので、どんよりとした曇り空の日が続きます。
この時期にリマにいると、毎日毎日曇り空なので、たまに太陽が顔を出すと嬉しいものでした。

ホルヘ・チャベス国際からクスコへ向かう飛行機に乗ったとき、雲の層が厚いのに驚きました。
こんなに厚い雲の層では、そうそう太陽も顔を出せないのだとすごく納得しました。




いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
 
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ