南米ペルーに行ってきました!

マチュピチュをこの目で見てきたアルパカ製品ネットショップ店長が、ペルーとマチュピチュの観光情報、ペルー料理などをお届け!
旅行に便利な旅行グッズ・お勧めカメラなど役立つ旅行情報も書いてます。どうぞご覧ください♪

カテゴリ: ペルー 特産品

ペルーの特産品ときいたら、皆さんはなにを
思い浮かべますか?

それはやはりアルパカ製品ですね。

ペルーへ行ったことのある方は、目にしたと思いますが
おみやげ屋さんには、たくさんのアルパカ製品が
所狭しと並べてあります。

小物では、アルパカマフラーアルパカ手袋
アルパカスヌードアルパカストールなど。

他には、アルパカのカーディガンセーターあります。

アルパカの上質なものを買うと
アルパカは軽くて暖かくて扱いやすいので、
やめられないといいます。

ペルーにはなかなかいけないけど、
アルパカの手袋やマフラーなどがあったら欲しいな~と
いう方は、ネットショップを見に来てくださいね。

こちらです(*^^*) ↓ ↓ ↓
B-Alpaca300x54


ペルーからいいものだけを厳選して仕入ている
アルパカ製品の専門店は、他にはありませんので
よろしかったらご覧くださいね。


ペルーに行ってわかったのですが、
現地のお土産屋さんでは、けっこう騙されます!!

お土産やさんにいる人は、商品知識なんてない人も
いるんですよ。

アルバイトなのか、わかりませんが、
とにかく彼らの使命は、
お店のものをいかに多く買ってもらうかだけだと
思うんですね。

だから、こちらが
「これはアルパカ100%なのか?」と尋ねると

「オールアルパカ!オールアルパカ!」
そればかり笑顔で連呼してます。(^_^;)

まぁ私たちがスペイン語を話せないので、
それしか伝わらないんと思ってもいるのでしょうけど。


問題は、その「オールアルパカ」といっていた品物が
アルパカとアクリルの混紡だったり、
ひどいのになるとまったくちがう動物の毛だったりするわけです。

これは観光客だったら、絶対に騙されると思います。

なのでペルー観光旅行に行かれる方は、
購入するお店はよくみて、信頼のおけるお店で買いましょう!


そうはいっても
ペルーは、お料理も美味しいし、遺跡めぐりも
とても楽しいし感動します。



行ってみたいなと思う方は
ぜひ行ってくださいね。

インカ帝国を観に行ってくださいね!

_EMI5829s
>>アルパカぬいぐるみ(ベビーアルパカの原毛でできています)







 
スポンサードリンク

エケコ人形をご存知でしょうか?

エケコ人形とは、ペルー、ボリビアのアンデス地方にて、福を呼ぶ人形です。
欲しいもののミニチュアを背負わせると、それが手に入るといい伝えられています。

「世界仰天ニュース」で、恋人がなかなかできない女性がエケコ人形に願掛けをしたところ、恋人ができ結婚できたとの放送で、日本に大ブームをもたらした人形です。


我が家にもいますよ(*^^*)
エケコおじ様。

IMG_6017s


ちょっとメタボな体系。

耳あて帽子をかぶっています。
チュージョ( Chullo)といいます。

ちょび髭はやしてます。(´∀`*)

そして体には、たくさんいろんなもの背負ってますよ。

お金、お家、食料品、テレビ、楽器、自動車・・・他にもいろいろ。


そして自分でほしいものを、エケコおじさんに背負わせるといいのです。

置き方は、西の方に向けるといいといわれています。


五円玉背負わせたり、願い事を紙に書いて背負わせたり、ミニチュアを作ってもいいですよね♪


エケコおじさんは煙草が大好き!

火・金に煙草をくわえさせると、ご機嫌になり願い事を叶えてくれるのですって!


エケコおじさん・・・面白いでしょう!

楽しんでくださいね~♪


ちなみに、ボリビアのエケコとペルーのエケコ。

顔つきがほんとに違います。


ボリビアのエケコは、もっと濃い顔つき。
ちょっと怖い。。。

ペルーのエケコは、ちょっとのほほん顔。

私は個人的に、ペルーの方のエケコが好きです(*゚▽゚*)
優しいおじさま・・・って感じです。(*^^*)


エケコ人形。

中国でつくられたものも出回っているらしいです。
ちゃんとペルーの土を使い、ペルーで生産されたものか確認してから購入することをおすすめします。




 




いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
 
スポンサードリンク

マラスの塩田が、過去のことですが、NHK「地球イチバン」で紹介されたのですが、ご覧なりましたか?

平成23年12月8日のことなので、かれこれ2年前の話ですみません。。。

IMG_2069_s

    >>マラスの塩はこちら <<

遥か大昔の約6千万年前、この地帯は海だったのです。

地殻変動で隆起したのがアンデス山脈です。
3000m級の山々が、太古の昔は海だったなんて、信じられませんでした。

マラスにそびえるアンデスの山そのものが、塩の大きな塊(岩塩)となったのですね。


IMG_2067_s


     その山の中から清水が、湧き出してきます。

その水を舐めてみろと、ペルー人のドライバーさんがいうので、指を濡らし舐めてみました。

インカの強い太陽の熱か、近隣の温泉のせいかわかりませんが、温かったです。

そして味は、海の水のよう。。。


すごーい!とまた感動の私でした。


ペルーの強い太陽の恵みに感謝ですね。

ここだからこそできるお塩なのだと思います。


マラスの塩は、 Athena Alpaca にて販売してます。

当店のマラスの塩は、インカ時代から伝わる製法で作り、ヨードは一切加えていない無添加の天然塩です。

    >>マラスの塩はこちらからご購入いただけます<<

美味しいだけでなく、ミネラル成分もたっぷり入っているお塩です。



 

ポチしてくれたら幸せです♡
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク

ペルー国の象徴として、「TUMI」(トゥミ)がよく目につきます。

 「TUMI」(トゥミ)は古くからアンデスに伝わる半月形の儀式用ナイフで

半月形のナイフ部分で、生贄の心臓を突いたそうです。

インカ帝国は、太陽を神として崇め、生贄を捧げていたようです。


「TUMI」(トゥミ)は、聖なるナイフに秘められたパワーが災いを断ち
 
未来に豊穣(幸運)をもたらすといい伝えられています。


生贄の心臓を・・・なんて聞くと、ゾッとしますが、今はお守りとして

幸運を運んでくれるのですね!


私もトゥミのネックレスを買ってきました。

写真のトゥミは、メルカド(市場)の中にあったものです。

IMG_1549_s




 



ポチしてくれたら幸せです♡
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ