南米ペルーに行ってきました!

マチュピチュをこの目で見てきたアルパカ製品ネットショップ店長が、ペルーとマチュピチュの観光情報、ペルー料理などをお届け!
旅行に便利な旅行グッズ・お勧めカメラなど役立つ旅行情報も書いてます。どうぞご覧ください♪

「市街地入り口」です。

ここは、撮影ポイントなので世界各国の方々がなんとなく順番待ちしている状況でした。

IMG_1855_s


大きな石が綺麗に組まれていて、門の厚みもありました。

アンデネスのある地域側から市街地入り口の門を覗くと、向こう側にワイナピチュ山が見えます。

ちょうどこの門が額縁になってしまうのです!
古代マチュピチュの住人だった人々も、この同じこの景色を見ていたと思うと、スゴイ!といわざるを得ない状況です!

この門をくぐるとき・・・すごっくワクワクでした。
まだまだマチュピチュ遺跡内に入ったばかりですので。。。

この門には、当時は木の扉が取り付けられていたと言われています。


さて、市街地入り口をくぐり左側の階段を下りていくと、作業小屋が並んでいます。

IMG_1848_s



作業小屋って何を作業するのかと思っていましたら、石を加工する・・・とガイドブックに書いてありました。
このガイドブックです。
【送料無料】るるぶペルー


アンデネス(段々畑)が近いので、穀物の貯蔵庫にもなってたんじゃないかな…とも私は思いましたが、どうなのでしょう。

どの石造物も屋根がありませんね。

屋根は茅葺屋根のようになっていたのでしょうか。。。


私たちは仕事で行ったので日本語のガイドはいませんでした。
なので、ちょっと「これなんだろ・・・?」と思いながらのマチュピチュ内見学。

ときどき遭遇する日本人のツアーのガイドさんの説明が耳に入ってきて「へぇ~なるほど!」なんて感じでした。(笑)


きちんと説明付きで観光された方が、詳しくマチュピチュのことを知ることができます。

旅費をかけられる方は、日本人のガイドさん同行のツアーをおすすめします。


マチュピチュへの旅行ツアーもいろいろなものが出てきてます。

私ももう一度行きたいですね~。



 

いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






 
スポンサードリンク

私がマチュピチュに行った日は、空は青く澄み渡り、遥か上空にはコンドルが飛んでいるのが見えました。

訪れたのは、6月初旬。

5月と6月はベストシーズンとのことでした。

私の仕事では、5月の終わりから6月にかけていくことが多いのですが、偶然マチュピチュの観光シーズンとしてはベストだったので、小躍りしたくなるほど嬉しかったです♪

IMG_1838_s


写真の景色は、アンデネス。

段々畑のことです。


こんな急斜面に、広大な段々畑が広がっています。

これによって耕作面積を増やし、当時のマチュピチュの住人は、さまざまな農作物を作ることができていたようです。

この段々畑は、太陽の昇る東に面して造られており、とても日当たりがいいのです。


ここマチュピチュは、雨量も多いので、こんな奥深い山の中でも農作物が育ったということですね。


5月6月はベストシーズンということですが、時期によっては雨季もあるわけです。


マチュピチュ旅行を計画中の方は、ぜひ5月6月をおすすめします!

IMG_1842_s



このピタッと合わさった石と石。。。

ほんとうに剃刀の刃も通さない感じ。

古代のアンデスの人は几帳面だったということでしょうかね。。。




いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

 
スポンサードリンク

ここは太陽の神殿と陵墓です。

IMG_1837_s


マチュピチュの中で、曲線を持つ建造物といわれています。

上が、太陽の神殿。

下が、陵墓。


上に見える小窓は、東と南に造られています。

夏至のときは、東の小窓に、冬至のときは、南の小窓に太陽の光が真っ直ぐと差し込むのだそうです。


階段は、一枚の岩を削って造られています。

この階段の2段目に、ペルー人2人の名前と日付が刻まれていて、それが「1908年」と書かれているそうです。


これが本当だったら、発見者のハイラム・ビンガムよりも前に発見したということになるそうです。


マチュピチュは、さらに謎の多いところです。

IMG_1840_s



ふと、目線を足元におろすと・・・

小さなトカゲがいました。

こんなところにもトカゲがいるんだね。

でも、このトカゲはいったい何を食べているのでしょうかね。。。






いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






 
スポンサードリンク

マチュピチュの遺跡内に入りました。

IMG_1832_s


いきなり目の前に見えるのは、ワイナピチュとアンデネス 。

こんな山の中、こんな斜面に、誰が何のために造ったのか。

いまも謎の多い遺跡。。。マチュピチュ。

IMG_1834_s


私がマチュピチュに行ったのは、2012年6月10日でした。

素晴らしい晴天に恵まれ、最高にうれしい日でした。

IMG_1836_s


この石垣もすごい!

古代の人々は、ここでどんな暮らしをしていたのでしょうか。。。




いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






 
スポンサードリンク

アグアスカリエンテス駅に到着しました。

駅から出て、感じたのは・・・
なんか、日本の山間の小さな温泉町みたいな感じでした。

IMG_1817_s


そしてお土産屋さんがたくさんありました。

でも正直、ここで買うと高いと思い、私は買いません。
首都リマで買った方が安いと思うものがいっぱいありました。

観光地価格ってやつでしょうか。
どこの国も、きっとそんなもんなのでしょうね。

ここは温泉が湧いている街で、旅行者も入れます。

でも水着着用です。
間違っても裸で入らないようにしてくださいませね。 (o^∇^o)ノ

入った方の感想は・・・ぬるいそうです。
お時間ある方は、ぜひ!


IMG_1823_s



ここからマチュピチュへは、マイクロバスに乗って、山をつづら折に登っていきます。

バスは頻繁に往復していますが、乗客がある程度いっぱいにならないと動きません!

なので、最初に乗った人は、バスの中に結構居たりするのかな。。。

こんなバスです。


山の斜面を走るとき、上りと下りのバスが行きかいますが、車道にそんなに余裕があるわけでもないので、ちょっとスリリングな感じもしました。

運転手は慣れたもので、意外とスピードをあげるのだけど、頼むから安全運転してくださいよ・・・と心の中で思った私でした。ヽ(TдT)ノ


さてさて、バスがマチュピチュ遺跡の入り口に到着です。

いよいよです。。。ドキドキわくわくが止まらない。。。


バスの発着場のすぐそばに、世界中の人が憧れるホテルがあります。

マチュピチュ サンクチュアリー ロッジ (Machu Picchu Sanctuary Lodge)

IMG_1826_s


ここのホテル、泊まりたい!
マチュピチュが目の前ですから。。。

憧れです。



さてさて、マチュピチュ遺跡・・・



これから入っていきます。
続きは、また。。。


 

いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ










 
スポンサードリンク

マチュピチュへ向かう列車。

テレビでよく見ていたあの電車です。
マチュピチュに向かう列車は、ペルーレイル社が運営しています。 

一番豪華な列車は、ハイラム・ビンガム号。
これは、マチュピチュを発見した、ハイラム・ビンガムの名前からつけています。

それからビスタドーム。
こちらが一般的な列車で、車両の上部が一部ガラス張りになっているので、マチュピチュへ向かいながらも、景色をパノラマで楽しみながら行くのです。

往路、復路ともに、軽食とドリンク付きです。
ドリンクは選べますよ。^^

IMG_1798_s


私は、迷わず「インカコーラ」
この黄色い液体です。

飲み物の量が少ないのは、飲んでしまってから写真っ・・・となったので少ないのです。
ちゃんと一杯いただけるので、ご安心を。。。(^^)

インカコーラは、メロンソーダの黄色版のような感じですが、甘みはメロンソーダより、控えめ。

インカコーラは、ペルーの国民的飲料というくらい、どこでも出てきます。
スーパーに行くと、サイズ豊富で、500mlくらいから3Lタンクくらいまで売ってますよ。

真ん中のは、ダイスカットしたフルーツ盛り合わせ。
マンゴーとなんだったか忘れましたが、お代わりしたいくらい美味しかったです!!

左のは、ハムとチーズのバーガー。


朝日に照らされながら、軽食いただきながら向かうマチュピチュ。
もうわくわくです。

IMG_1801_s


列車の右手は、山がそびえ立っています。

左手は、ウルバンバ川が延々と続きます。
私は、左の窓際でした。(^^)


このウルバンバ川は、雨季には氾濫するのだそうです。

何年か前にも、この川があふれて線路が流されて、マチュピチュから出られない観光客がいましたね。
それがこのペルーレイルです。


IMG_1810_s


途中下車する人がいます。。。

なにかな・・・?と思ったら、ここからインカ道を歩いてマチュピチュに入る人達です。
ガイドさんがいますね。

体力があったら、もっと若いときだったら、トレッキングで向かってみたいなと思いました。


IMG_1813_s


着きました。。。ホームに入るところです。

アグアスカリエンテス駅。
マチュピチュ駅ともいうようです。


IMG_1814_s


駅の中には、売店もあります。

ベンチもたくさんあって、きれいです。


IMG_1815_s


あそこにゲートがあります。

結構、厳重な様子。。。


お天気、すごく良くて、うれしい旅の日になりました。


マチュピチュを2日間観光したい方は、こちらのアグアスカリエンテスにホテルを取るといいと思います。








いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






 
スポンサードリンク

朝がきました。

お天気最高です! 

気分も最高です!!


宿泊していたトゥヌパロッジから、オリャンタイタンボ駅までは、歩いて5~6分だったでしょうか。

私たちは、今夜もここに泊まるので、必要なものをリュックに入れての出発です。


AM7:30発のビスタドームに乗っていきます。

よくテレビで見ていた、あのブルートレイン!

IMG_1791_s


コレに乗るんですね~!


オリャンタイタンボの早朝は、空気が澄み、空気が美味しかったです!


私たちの乗る列車が、ホームに入ってきました。

いよいよ乗り込みます。

IMG_1793_s


ホームには、売り子のおばさん(?)が、ありったけの帽子や、バッグやマフラーなどを抱えています。

そうそう、マチュピチュは日差しが強いので、帽子は絶対忘れてはいけないアイテムですね。


オリャンタイタンボからのマチュピチュ日帰りの旅が、はじまりました。。。



いつも応援いただき感謝してます♡ 
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ







 
 
スポンサードリンク

今回、オリャンタイタンボで泊まったペンション「トゥヌパロッジ」

ペルーへ出発前に、あれこれ ネットを探っていて見つけたとき、このペンションが目につきました。


2階建ての小さなペンションですが、周りはアンデスの山々に囲まれ、お庭も素敵でした。

IMG_1776_s


そして、もっと素敵だったのが、ここの看板ワンちゃん!

ベンジーみたいな子です。

玄関付近にいつもいて、お客さんをお出迎えしてくれてるみたいでした。

初めて会った私がこうしてカメラを向けても、こんな感じ(*^^*)

うちのワンコよりも、いい写真撮らせてくれました。

IMG_2528c_s


この子は、繋がれていないのですが、決して敷地から出て行かない賢い子なのです。

門は解放状態なのに。。。

IMG_1773_s



敷地内を、こうしてトコトコ歩いています。

もう連れて帰りたいくらいでした♡

オリャンタイタンボの「トゥヌパロッジ」に行ったら、この子に会えます!

あーまた会いたいな♪





ポチしてくれたら幸せです♡
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク

オリャンタイタンボの夕食は、地元の小さなカフェに入りました。

この日は長旅で疲れたのか、夕方転寝してしまい、起きたら外は日が暮れてて、夕食はどうしようということになり、ペンションの外に出ましたが、ほんとに何にもなくて・・・。

向かに小さなレストラン(?)のような店があるのだけど、やっているのかいないのか、誰もいなくて。

しかたがないので、オリャンタイタンボ駅の方面に歩いていきました。


街灯はポツンポツンとついてるものの、やはりここは南米ペルーです。

ちょっと怖かったです。。。ドキドキしながら歩いていきました。
後ろを振り返り、振り返り。。。

そして、カフェを見つけたので、中に入りました。


そういえば、しばらくコーヒー飲んでないな~と気づくと、無性にコーヒーが飲みたくなったので、カフェラテを注文。

IMG_1778_s


夕飯は何にしようかな・・・とメニューを見ていると・・・

ん・・・?Alpaca・・・?

ペルーでは、山間部ではアルパカの肉が食べられると聞いたことがありました。

確かにリマではあまり聞いたことないです。。。


お店のお兄さんに、「このハンバーガーはアルパカの肉なの?」と、カタコトどころか、単語を並べたスペイン語で聞くと、お兄さんは笑顔で「Si,Si」という。(^^;)


うわー出会ってしまいました。
う・・・ん、どうしよう。でも興味がある。

あの可愛いアルパカの顔を思い出したけど、こちらでは家畜としてのアルパカです。

かわいそう・・・といったら、日本でも馬刺しを食べるし、牛も豚も食べるでしょ!と自分に言い聞かせ(?)、きっとここでしか食べられないだろうな・・・と思い、注文しました。

アルパカのハンバーガー。

IMG_1779_s


きましたよ!アルパカ・ハンバーガー。

アルパカのパテのハンバーガーです。
ちょっと焦げてる。。。

ドキドキしながら、ひと口パクっ!

美味しい!!


もっとクセのある味かと思いましたが、私には口に合いました。

香辛料が効いてるせいかもしれませんが、牛肉よりも臭みがないかも・・・と私は思いましたが、実際はどうなのでしょうね。

命をいただいたことに感謝して、残さずいただきました。。。






 


ポチしてくれたら幸せです♡
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク

オリャンタイタンボの街の中をぶらぶら歩き、お昼になったのでランチを食べようということになりました。

IMG_1743z_s



この街は、水の流れる音が聞こえるほど静かでのどかな街です。

犬ものーんびりと自由に暮らしてます。

IMG_1719_s


この子は、この後、ずっと私たちの後をトコトコとついてきました。(^^)
可愛くてつい触りたくなるけど、心をオニにして(?)触りません。(^^;)


さて、レストランに入り、ランチメニューから注文したのがこちら。

手をつけちゃったところで「写真撮ってない!」と慌てて撮ったので、ちょっと崩れ気味でごめんなさい。

IMG_1729_s


IMG_1727_s


メインは、マスのソテーに、ライスとポテトなどの野菜の付け合せ。

そして、パンとクリームスープのようなもの。

スープには、野菜がたっぷり入っていました。
アスパラも入ってました。^^

もっと写真を撮ればよかったな~と、今は思うけど、やはりまだこのときも高山病が残ってて、頭がボーっとしてたかな。

思考能力も落ちますね。。。


私はペルーのお料理が全般的に気に入っています。

リマのような都会の、立派なレストランで食べるお料理もとても美味しいけれど、地元のおばさんが作っているような、日本でいうとおふくろの味というのかな。

そんな素朴なメニューもお気に入りです。










ポチしてくれたら幸せです♡
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ